手入れの仕方

ブラシ次に重要なのは医療用かつらを購入したあとの手入れの仕方です。丁寧に手入れをすることで品質も保てますし治療中であれば衛生的な管理も必要になりますので手入れもしっかり行うことが大事です。

使用頻度によりますが基本的には1週間くらいに1回はシャンプーを行うことをオススメします。汗や皮脂、ホコリなどはかつらの素材を傷つける事になりますのでできるだけ定期的に洗う事が大事です。手入れ方法としてはまず家の絡みがないようにブラシなどで髪の毛をときます。この時に根元から一気に溶かすと絡みやすくなるので毛先のほうから少しずつとかしいきます。そして洗面台で専用のシャンプーを使って浸しながら丁寧に洗っていきます。

内側も汗や皮脂、化粧品などで汚れているので裏返して指で丁寧に擦りながらよごれを落としていきます。汚れが落ちにくい場合はタオルや古くなった歯ブラシなどで優しく汚れを落とします。この時に絶対してはいけないのが揉み洗いです。もみ洗いをする事で毛が絡んでします。そして水で流しながらすすいでいきます。最後は専用のコンディショナーを使って洗い水ですすいで流します。終わったらタオルで包むようにして水気をとります。ここでもこすったりねじって絞るような事は絶対にしてはいけません。ねじって絞ると型くずれや素材を傷める原因になり長く使う事が出来なく成ります。最後は自然乾燥させて静電気を抑える専用スプレーをふって仕上げます。医療用かつは治療の精神的役割を担っています。かつらの手入れも丁寧にしていつまでも綺麗に使えるように心掛けましょう。

自分にあったかつら

かつら医療用かつらの機能性を考えたときに重要なのはサイズの問題です。脱毛が始まる前と髪の毛が抜けてなくなったあとでは当然頭のサイズは大きく変わります。頭よりかつらが大きくなってしまってズレてしまうことがおきます。また髪の毛が生えてくると今度はかつらが小さくなってしまいます。

このような変化にも対応できる医療用かつらが必要になります。今ではジッパーなどが付いていてサイズを調整できようになっているので脱毛の状況にも十分対応ができるようになっておりズレにくく外れにくいかつらになっています。

医療用かつらは市販のものからネットなどで買えるものからすべてオーダーメイドで作れるものもあります。いずれしても最終的にはサイズの問題が出て来ます。脱毛の状況で変化する頭のサイズをよく把握する必要があります。オーダーメイドで医療用カツラを作るのであればもちろん細かく採寸をしてもらえて、具体的に脱毛で髪の毛がなくなったときの頭のサイズを想定して採寸をしてくれるので常にベストな状態でかつらを被ることができます。市販のものを購入する場合でも店舗やサロンなどで採寸はやってもらえるので事前に頭のサイズを自分自身で理解しておくことが大事です。

精神的役割を担う

治療などで脱毛が起こると短期間では済まず長期間の脱毛期間が考えられます。短期間であればバンダナや帽子などで一時的に過ごす事はできますが、長期間になるとやはり医療用かつらが必要になってきます。実際に抗がん剤治療を行う9割の女性は医療用かつらを利用しています

また女性にとってのヘアースタイルは精神的にも大きな影響を与えますので医療用かつらも最近は様々に進化をとげ機能性や利便性だけでなく、ファッション性も重視されてきていいます。治療というだけで精神的な負担やネガティブな感情になりやすいのですが、さらに脱毛などの症状はより精神的なダメージを受けやすく成ります。医療用かつらはその様な精神的なダメージを少しでも軽減する役割も担っています。

薬何よりも医療用かつらは治療で病気や怪我を治すための手助けになるものです。医療用かつらで直接治療の効果が出るものではありませんがかつらで脱毛などを覆うことで余計な事に神経を使う必要がなくなったり、ファッションの一部として楽しむ事で精神的に余裕を持たせてくれる事もあります。大事なのは治療に専念できる環境を整えることです。また抗ガン剤治療などは決して短い治療期間ではありません。そういう意味では医療用かつらも長期的に使える機能性を備えたものを選ぶ必要があります。

医療用かつらの特徴

かつら病気や治療によって髪の毛が薄くなったり、円形脱毛症になったりとヘアスタイルに大きく影響を与えることもあります。特に抗癌剤治療などをはじめた事による脱毛は避けることができません。そんな方のために用いられるのが医療用かつらです。ただし医療用かつらといっても明確な定義があるわけではありません。しかし実際には病気や治療で必要としている人がたくさんいます。

ただし医療用だからと言ってファッション性がないかというと決してそうではなく、反対に機能性には優れており頭皮への影響や通気性、衛生面、使いやすさなどは医療用ならではの工夫が凝らされているものも多く有ります。また髪質なども工夫が凝らして有り一本一本手で植えられており分け目も人工頭皮で作られ殆ど違和感なく使うことが出来ます。

医療用かつらはファッション用のかつらに比べるとやや金額的にも高くなります。医療用かつらは人工のものでも数万円から数十万円と決して安いものではありません。医療用なので治療中の患者さんが使うことが多く、特に抗ガン剤などの影響で医療用かつらを使わざるをえない状況の方もいるので病気や治療への配慮も必要となります。したがって医療用かつらを使う場合は決して安いものではないので良く検討して購入を考えることです。実際に治療を始めて髪の毛が抜け始めてから医療用かつらを準備するのでは少し遅過ぎます。特に髪の毛が抜けはじてからの時と完全に抜けた後では頭の大きさが違っていますのでできるだけ治療の前に様々な想定をした上で購入することが大事です。